CO2排出量などの推移と温暖化をゆる〜く考察

先日、2030年の各国のCO2排出量の削減目標が発表されましたが、実現可能な目標なのでしょうか?
気になるのは、国毎に基準とする年が違うことで、各国ともに排出量が多かった年を基準にしています。
中国に至っては2030年までにピークアウトさせるということですが、中国が各国のCO2排出量を肩代わり(結局、中国が世界の工場化してCO2排出を担ってる)している構図も気になるところです。

CO2排出量

主要国のCO2排出量の1990年からの推移です。
日本はほぼ横ばいですが、2011年の震災後2013年に排出量のピーク(=1,234.09百万トン)を迎えているわけですが、46%減らす(=567.68百万トン)ことを目標に掲げています。

世界のCO2排出量の推移

1990年以前のCO2排出量が知りたかったので、探してみたのですが以下のグラフが見つかりました。
先進国は大きく変化が無いように見えますが、中国や後進国の増加が激しいことがわかります。

名目GDP

中国がGDP比でと言ってるようですが、実際のGDPの推移は以下の通りです。
他の国がほぼ横ばいなのに対して、アメリカと中国の伸びが半端ないですね…。

総人口

次は総人口の比較です。ピックアップした8か国では中国がぶっちぎりです。

ゆるい考察

中国が世界の工場として多くのCO2排出をしている構図があり、2030年にはピークアウトさせたとしても、アフリカなど他の後進国がまた同じように肩代わりを続けていくような気がします。
先進国はCO2排出製品の輸入元の排出量も加えた形で削減目標を考える必要があると同時に、地球全体の問題なのだとしたら、そもそも国を単位として考える話ではないと思います。

人口比で算出したら、もう少しまともな目標になるのでは?とも考えましたが、CO2排出は前述したとおり、一国だけの問題ではなくなっているため、それも無意味かなと思います。

温暖化はCO2などの温室効果ガスによる影響だけ?

温暖化によって、日本においては以下のような影響が出ていたり、出てくると言われていますが、温暖化の原因は本当に温室効果ガス由来のものだけなのでしょうか?

温暖化の主因とされる温室効果ガスはCO2だけではなく、実は水蒸気量など温室効果ガスに含まれていますが、水蒸気を除くと比率的に大きいのがCO2であり、人の活動により排出されやすいのがCO2ということで、目安にしやすいという側面もあるようです。
さらに、1990年代からのCO2の排出量と温暖化の推移を比較すると、相関が得られることなどもあり、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)などの活動もあり一般的にはCO2排出量が増えたことによるものとされています。

また、温室効果ガス以外の温暖化要因として、”太陽の活動”(宇宙線や太陽の黒点量など)によるものとの説も複数ありますし、人口が増え都市部に人口が集中したことによる”都市化”が進んだことによる説もあるようです。

私が中学生(1980年代後半)のころ、エアコンなどの触媒に使われていたフロンガスによるオゾン層の破壊が問題視されており、夏休みの自由研究かなにかで、住んでいた地域の気象台に通って、過去の気温の推移などを調べたことがありました。
その当時は、オゾン層の破壊やアマゾンを初めとする熱帯雨林などが人の活動により、消失していることが主因とされていた記憶があります。

40代ぐらいの方なら分かると思いますが、子供のころ24時間やってる店など田舎では皆無でした。コンビニができ、ファミレスができ、、という具合に人の活動時間は拡張され続けているように思います。今は殆どの製品が中国製ですが、当時は日本製の製品が多かったと思います。
現在は中国での大量生産で、当時に比べても安価に様々な物が手に入るようになりましたが、遠い場所から運ぶための輸送費を考えても、国内よりも安価な生産が可能となっている後進国と先進国の格差が問題の本質だと思います。

エネルギー利権の行方?

そもそも、CO2排出量はどのように計算されるのでしょうか?

CO2排出量は、CO2排出係数で計算されるようですが、化石燃料をこれだけ燃やせば、CO2がこれだけでるよっていう計算で成り立っているので、まぁ燃やした量で計算が可能ですし、係数化することで製品生産にかかる排出量も計算できることになっています。例えば、排出量の実態を調べたいとして検索しても、これらの係数を用いた計算で算出された値が実態値として各自治体や企業から掲出されているだけで、本来の意味の「実態」とはかけ離れてはいないでしょうか?

そもそも、省エネを進めたとしても、人が活動する以上CO2は排出されます。従来化石燃料でクルマを走らせていたのを、電気で走るようにすれば、その電気も太陽光や風力ならばOKみたいな話ではないと思います。そもそもクルマや発電施設の生産や建設にもCO2は絶対的に排出されます。物がないところからエネルギーを用いずに合成するような技術が見出されない限り、ゼロになるはずが無いところを身勝手なロジックでエネルギー利権の移転を目論んでいるようにしか見えません。

私個人の見解では、CO2排出量を抑えれば、地球温暖化が抑えられるという論法にも少々疑念があります。
これまで、石油を始めとする化石燃料に頼って、世界は発展してきたわけですが、そうしたエネルギー利権を化石燃料資源の有無という移転しようがないものから、利権の移転を可能とするエコ技術的なものに変化させたい感じなのでしょうか?

時代を巻き戻し、16世紀ぐらいの生活に戻れば可能かも知れませんが、そんなことは不可能なので、エネルギー利権を緩和させる目的で世界中どこでも享受できるようなエネルギー資源への転換に舵を切りますよって、ハッキリ言って貰ったほうが話は単純だと思います。早いとこ、どこでも手に入るエネルギー資源、且つエネルギー転換効率が高い技術を見出すことが出来れば、こんな話は無くなるのでしょうが…。

参考文献)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/seisankenkyu/59/5/59_5_425/_pdf
https://www.city.hidaka.lg.jp/material/files/group/29/201803283.pdf
https://www.jccca.org/global-warming/knowleadge03
https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/17/17-1/qa_17-1-j.html
https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/himr/2012/chapter2.pdf
https://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=34380