ワークタフストーブ(WTS500)、穴あけ改造〜燃焼試験

昨年3月にちびストーブIIIからワークタフストーブに乗り換え、2020年3月の緊急事態宣言前と2020年秋〜冬と6泊ほど使ってきました。

「2次燃焼でクリーン排気&パワフル燃焼ストーブ」と謳われているのですが、どうも二次燃焼の状態を上手く保つことができず、煙がモクモクして熱効率が上がらないなぁと思っていたところに、耐熱窓が両サイドと後ろにも付いた新しいバージョン(新型ワークタフストーブ500/380)が登場し、さらにogawa(キャンパルジャパン)からも限定でワークタフストーブ380アカネが発売され、ショックが隠しきれない状況です。

主な変更点

耐熱窓が追加されただけでなく、調べたところ正面のまどの金具が2つになり、さらに二次燃焼を促す穴が両サイドに追加されていました。

流石に毎年買い替える訳にも行かず、このまま初期モデルを使おうと思っているわけですが、新しい二次燃焼を促す仕組みだけでも追いつければと思い立ち、直ぐさま改造(穴あけ)に踏み切りました。

二次燃焼気流の取込目的の穴あけ改造

上の図にあるように、両サイドの大きな耐熱窓の下部に500の場合は片側8個(両サイドで16個)の穴が追加になっています。手元の旧仕様の実物で計測したところ8個の穴を計測上は6cm間隔(実際には5cm)で空ければ同じ感じに出来そうだったので、直ちに穴あけしていきます。

6cm間隔でマジックでマーキングして、
金物用のドリルで下穴になる溝を掘って…
以前ちびストーブIIIを改造した時に買った、
段階的に穴あけがステップドリルビッドで、
ちょうど良い大きさに仕上げます

ちなみに、初期モデルは本来ステンレスのつや消しシルバーですが、去年買った直後につや消し黒塗装しています。ちびストーブとは違いステンレスなので錆びたりすることは無いのですが、先人の使用後の動画などを見ると火力のかかり具合でまだらに変色していたので、届いたその日にバラして塗装したのでした…。

燃焼試験

早速、先週末燃焼試験も兼ねてキャンプに行ってきました。最近、キャンプ場の予約が難しく、たまたま長男が月曜休みだったので、休みを取って日曜から1泊してきました。

動画でも分かるとおり、排気はクリーンで、これまで正面の空気調整口を左右に動かしてこまめに調整する必要がありましたが、改造後は空気調整口は閉じた状態で二次燃焼状態が続くようになりました。

追加の薪を入れると薪の具合にもより多少煙が出ますが、以前に比べてかなり改善したように思います。
空気調整口は、煮炊きのための火力の調整に使えるようになった印象です。

あとは、厳冬期使用時のランドステーションにインストールして45°エルボーを2つ使ってる場合(上写真)にも同じような具合で燃焼するか確認したいところです。