親沢公園キャンプ場

涸沼湖畔の小さな岬の公園にある、夕陽や朝焼けがキレイなキャンプ場。

涸沼(ひぬま)は2015年にラムサール条約湿地に登録された、海水と淡水が混じり合う全国的にも希少な汽水湖です。

北岸には、3つのキャンプ場があり、一番西側に位置するのが、親沢公園キャンプ場です。
東に涸沼自然公園(キャンプ場有)があったり、更に東に広浦公園キャンプ場があります。

湖畔の景観は素晴らしく、公園なのでキャンプ目的以外の方も訪れます。
周りはある程度生活感のあるエリアなので、大自然の中のキャンプ場って感じではありません。
対岸や近くの街の喧騒が聞こえたりします。
夕方、冬場だったので消防団の火災予防の鐘の音が聞こえたり、猫がうろついていたり、朝方犬の遠吠えが聞こえたりといった具合です。

毎年10/10と3/3に筑波山に夕陽が重なるダイヤモンド筑波が見られるそうで、その辺のタイミングは混みあうのでしょうか?

基本情報

ローケーション
  • 湖沼
  • 公園
サイトタイプ
  • フリーサイト
所在地
茨城県東茨城郡茨城町中石崎2263
最寄りIC・アクセス
北関東道・茨城町東IC
チェックイン/アウト
  • 13:00
  • 11:00

デイキャンプを2日分併用することで、10:00チェックイン、15:00チェックアウトが可能になります。

サイト地面
  • 芝土混在
場内設備など
  • 水場
  • 給湯
  • トイレ
  • 水洗トイレ
  • 無料WI-Fi
アクティビティ
  • 釣り
気象情報
予約サイト(情報)
https://www.nap-camp.com/ibaraki/14274
備考

※「なっぷ」などには情報ありませんでしたが、給湯設備が追加され洗い場の4つある蛇口の1つはお湯が使えます。
※フリーサイトでクルマ乗り入れできませんが、一輪車が置いてあったので借りられると思われます。

Impressions & Reviews (最終訪問: 2022/12 )

2022年12月訪問

自宅から2時間かからず行けると分かり、今回はソロで訪問。

夏場は小さな砂浜があり、混んでそうですが、冬場は比較的空いているようです。デイキャンプも出来るので、近くに住んでたら高頻度で行きたいローケーション。

岬状に涸沼に突き出しているので、全面で湖面に向かって設営できるようです。
ただし、冬の昼間は西側からの風が強いようで、西岸は避けた方が良さそうでした。

管理人さん曰く「夕方になったら風は止む」とのお話でした。確かに日が暮れて暫くしたら風はパタリと止みました。

今回はGIGI-1に薪ストーブを入れる予定なので、風の影響が少ない東岸に設営。東岸では、翌朝眼前に素晴らしい朝焼けを見られました。

夕陽を期待するなら東側にある広浦公園キャンプ場の方が良いかも知れません。